今日の禅語 風従花裏過来香

zen20150109_風従花裏過来香

『風従花裏過来香(かぜかりよりすぎたってかんばし)
影響しあってこそ人生
花々の間を過ぎてきた風が、花そのもののように香っている。
もともと香りのない風が、花と出会って影響を受けたのです。
こんなに美しい影響ならいいけれど、私たちが行動する限り、
そこのところは選べません。
いっそのこと、恐れることなく花に出会い、
花の間をくぐりぬけて香りを運んでみましょう。
出会うことも修行、運ぶことも修行。無心でいればいいのです。
(『続 ほっとする禅語70より~ 』)

*****************************************************************************

2014年はいろいろな出会いがありました。
それは私にとって、とても影響があるものでした。
その方たちに私から影響を与えることはまだまだ出来ませんが、
いい影響を受け感化されて行って、
2015年はステップアップしていきたいと思い、
この言葉を書き初めにしました。
zen20150109_ナツ


新入り猫の影響は、先輩猫ナツには
多少あったようです。
いい遊び相手(というよりいじめてる?)
が出来たー、と思っているようです。
ばあちゃん猫小夏にはしなかった、
“飛びかかって”遊んでいます。



そんな猫たちを眺めつつ、
今年一年、笑顔あふれる年になりますように。



*****
ランキングに参加しました。よろしかったらポチッとお願いします。




スポンサーサイト

今日の禅語 啐啄同時

zen20141207_-啄同時
『啐啄同時(そったくどうじ)』
殻を破るべきタイミングを逃さずに
「啐」は、いままさに雛が殻を破ろうとすること。
「啄」は、親鳥が殻をつつくこと。
それが同時というのは、生まれ出ようとするものと、
それを手助けしようとするもののタイミングがピッタリ合うこと。
機を逃さないためには、相手の状態を理解してやること。
機に応じたものなら相手に響き、大きな力を与えることができる。
(『ふっと心がかるくなる 禅の言葉』より)

*****************************************************************************

gyao02.jpg「まだ、自分の殻が固まっていない」
「その殻ができて初めて、今の状態から抜け出せる」
「自分の力の出し方をまだ分かっていない」
と今日占いで言われてしまいました。
“まだ”ってことは、これからその域に達して、
上を目指せるってこと?
なんてポジティブにとらえてます。
というのも、あまりに「自信ない」なんて
人にいうのは、聞いてる方はあまりいい感じがしないもんなんだなと
なんとなく感じてしまったもので。
さて、明日から上目指して頑張りますか!

新入りぎゃ男、エリザベスを破ろうと必死でした。
そして、疲れて眠る…。
今はエリザベスもとれて、すっきり元気です。



*****
ランキングに参加しました。よろしかったらポチッとお願いします。


今日の禅語 放下著

zen20141203_放下著

『放下著(ほうげじゃく)』
いっさいを捨て去るとすべてが生き返る
せっかく手に入れた肩書きや地位、お金、分かれた恋人の記憶…。
それらは簡単には捨てられないのが人情ですが、捨てるべき転機というのが
人生の節目節目にはありそうです。
そうした節目で進むべき方向が見えなくなったり、不安になったとき
「放下」してみましょう。
何もかも捨てた「素」の自分に戻ってみるのです。
(『ふっと心がかるくなる 禅の言葉』より)

*****************************************************************************

maron02.jpg節目というと、養命酒のCMで「女性は7の倍数、男性は8の倍数」と言っているのを思い出します。振り返ると何となくあてはまりますね。
そして何かといろんなものと向き合わなくちゃいけなくなってくるんだなぁ…。

あ、ちなみに最近は養命酒ではなく陶陶酒(辛口)を飲んでいます。
養命酒よりアルコール度数が高く29度です。
「くーーっ」って感じで、気合いが入ります。
右の写真はまたたびで気合いが入る5秒前です。



*****
ランキングに参加しました。よろしかったらポチッとお願いします。

今日の禅語 両忘

20141202.jpg
『両忘(りょうぼう)』
白か黒か そんなこだわりは忘れよう
両方忘れるという、この禅語は善悪、苦楽、美醜など、
対立する二元的な考え方をやめてみろ。
両方へのこだわりから抜け出すと、気持ちはぐっと楽になり
余裕も生まれてくる。ただただ精一杯に生きてみましょう。
(参考『ふっと心がかるくなる 禅の言葉』)

******************************************************************************

gyao01_201412030308123f9.jpgこの夏、猫がまた増えました。黒猫の男の子です。
おなかに少し白い部分があります。
そう、なんでも白黒はっきり分かれてる訳じゃないんですよね。
ナツなんて、白猫になりたくて脱色中で、薄汚れた汚い感じだし…。

なんだか最近は特に両極端な考えがクセになってしまっています。
『禅の言葉』にありましたが、
“曖昧なこともそのまま受け入れ、ただ精一杯に生きてみましょう。
ほどよく肩の力も抜けて、おだやかで清々しい日々がやってきます。”と。
そんな風にふっと、軽くなりたいな。

ちなみに新入り黒猫男子「ぎゃ男(ギャオ)」は
昨日去勢手術から帰ってきて、ほんの少し軽く(?)なりました。

なにげに更新したら前回は4月だ…。放置し過ぎてた……。
そんな中、定期的に見に来ていただいていた方がいて、ありがとうございました。



*****
ランキングに参加しました。よろしかったらポチッとお願いします。




今日の禅語 随処作主

今日の禅語
『随処作主(ずいしょにしゅとなる)』
(「随処に主となれば立処(りっしょ)皆真なり」の一句 )
 ブレない自分は「無心」でつくる
 「随所に主と作る」とは、どこでも自分が主役やリーダーに
 なれということではなく、常に真実の自己を見失うなということ”
(『ふっと心がかるくなる 禅の言葉』より)

******************************************************************************
nathu02.jpg

「周りに振り回されることなく、自分の純粋な心を忘れずにものを見て、精一杯の真心で行動しなさい」ということらしい。
ナツは同じ毛足の長いかわいいお隣のロッキーがいても振り回されることなく、我が道を行けて(?)うらやましい。
私なんてつい人と比べちゃって、勝手に落ち込んでるっていうのに。
“純粋な心”っていいですね。
このこたちを見てると、ほんとそう思います。
最近は“純粋”とはほど遠くなってしまった。
今一度改めなくては!

そして前回からとても時間が経ってしまいましたが、
うちのこたちは相変わらずで、みんな寝ていますよ。


*****
ランキングに参加しました。よろしかったらポチッとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。